代々木八幡 美容室 ヘアドネーション
ヘアドネーション

ヘアドネーションについて

美容室スプラッシュは Japan Hair Donation & Charity の賛同サロンです

ヘアドネーション用に束ねた髪

Japan Hair Donation & Charity(JHD&C:通称ジャーダック) に賛同サロン(ヘアドネーションができるサロン)として美容室スプラッシュを登録していただいています。
 

ヘアドネーション用にカットした髪を私たちが責任を持ってJHD&C(通称ジャーダック)に送付いたします。
 
もちろん、お客様ご本人がご自分でJHD&Cに直接送ることもできます。
その場合は、JHD&Cの規定に合わせてカットした髪をお客様がお持ち帰りできる状態にしてお渡しいたします。
 

JHD&C募金箱と加盟店ステッカーについて

JHD&C賛同サロンの目印として、JHD&Cより送付された加盟店ステッカーとJHD&C募金箱をサロン内に設置しております。
 

 
画像提供:Japan Hair Donation & Charityホームページより

ヘアドネーションとは 

医療用ウィッグを作るためにカットした髪を寄付すること

スプラッシュでは、お客様から「ヘアドネーション(髪の寄付)」のご要望があった場合、ヘアドネーション用にカットいたします。
その髪をJHD&Cへ寄付します。
 
ヘアドネーション用にカットした髪は、フルオーダーのメディカル・ウィッグ『Onewig』(JIS規格取得)の製作に役立てることができます。
 

Japan Hair Donation & Charityは、18歳以下の子どもたちに完全無償で提供している国内唯一のNPO法人です。

 美容室スプラッシュは、JHD&C(ジャーダック)に賛同サロンとして登録しています。


ヘアドネーションの流れ

ヘアドネーションの流れ

ヘアドネーションの流れをご説明します
美容室スプラッシュへご来店前にお読みください

 

ヘアドネーション用に毛束をカットするコト自体は無料です。
仕上げカットに関する料金は、美容室スプラッシュの通常施術料金となります。
ヘアドネーション用の髪の長さは、最低31cm以上必要となります。
ヘアドネーション用の毛束のカットは、乾いたまま(ドライ状態)で行います。
(ヘアドネーション用の髪が湿っているとカビや雑菌が繁殖したりする可能性があります。せっかくの髪の寄付が無駄になることを防ぎます。)

 
1、カウンセリング

施術に入る前に、お客様とSplashスタッフで、JHD&Cのコトやヘアドネーションについての情報を共有します。

ヘアドネーション用にカットする長さを決める。

仕上げのヘアスタイルについて、ご相談します。

ヘアドネーション用に髪をカットした後のヘアスタイルのご相談です。

2、ヘアドネーション用カット

髪を何束かに束ねて、お客様が寄付したい長さ(最低31cm以上)にカットします。

3、ドナーシートへ記入

施術中にこちらで用意したJHD&C所定の「ドナーシート」のご記入をお願いします。

ドナーシートは、ご自分でご用意していただいても構いません。

4、ヘアドネーション用の毛束の送付準備

カットした髪を束ねてJHD&Cへ送付用に一本に束ねます。 

5、通常通りの施術に入ります。

カット、ヘアカラー、パーマなどの施術をして、お客様と事前に相談した髪型にお仕上げします。

6、ヘアドネーション用の毛束をJHD&Cへ送付

ドナーシートとヘアドネーション用にカットした毛束をJHD&Cに送付します。

Splashで送付の手続きもできますが、ご希望のお客様はカットした毛束をご自宅に持ち帰り、ご自分でJHD&C宛に送付することもできます。

「あなたの髪の毛をJHD&Cが確かに受け取りました」という証明として、ポストカードタイプの「受領証」をご希望のお客様は、ご自分で返信用封筒をJHD&Cのホームページよりご用意していただき、お客様ご本人がJHD&C宛にヘアドネーション用の毛束を送付してください。

 
 ぜひSplashのSNSをフォローしてください 
LINE@ページへ
 
Twitterページへ
 
facebookページへ
 
Instagram写真用ページへ
ご予約と営業のご案内

定休日:火曜日・水曜日
営業時間:10:00~20:00 (月曜日 [祝日は除く] は10:00~18:00)
ご予約専用TEL: 03-3467-0141
(ご予約電話受付時間 9:30〜20:00)
 
営業日カレンダー
 
アクセスマップ

 
 
ウェブ予約はこちらからウェブ予約はこちらから
 
ウェブ会員登録はこちらからウェブ会員登録はこちらから