着物を着た時の注意点 美容室スプラッシュ
着物の着崩れ防止対策
晴れの日メニュー
卒業式の袴の写真
七五三の写真
着物の着付けの帯の写真
 

着物を着た時の注意点

着物を着た時の注意点の解説です。

お着物を着た後、各ポイントを少し注意するだけで、綺麗に快適にお過ごしいただけます。
ここでは着物を着た後の注意点や着崩れについて、そして着崩れの直し方をご紹介します。
 
大切な晴れの日を台無しにしないためにも、普段から着物を着慣れていない方は、特に立ち振る舞いや所作にご注意下さい。 
 

着物を着た時の注意点を解説いたします

1、シーン別の注意点
 
2、絶対にやってはいけないこと
 
3、これって着崩れ? 着崩れじゃない?
 
4、着崩れたときの手直し方法

1、シーン別の注意点

トイレに行くとき

前の裾合わせを横に広げてしまうと、腰紐が緩み着崩れの原因になってしまうので、裾を真上に引き上げる。(着物→長襦袢→肌襦袢の順で)
 

イスに座るとき

帯結びが崩れる原因となるため、背もたれにはもたれ掛からず浅く腰掛ける。
振袖など袖の長いものは、そのまま座ってしまうと床についてしまうので、両袖を重ねて膝の上にのせる。
 

歩くとき

なるべく歩幅は小さく、小股で歩く。
 

階段を昇るとき、降りるとき

そのまま昇降しようとすると裾を踏んでしまう可能性があり、着崩れの原因となるので、なるべく素足の見えない程度に裾を持ち上げて足を踏み出す。
 

車に乗るとき、降りるとき

乗るとき:洋服を着たときのようにまたぐように座席に座ってしまうと、腰紐が緩み着崩れてしまうので、お尻→頭→足の順で乗る。
振袖など、袖の長い着物は両袖を重ねて膝の上に。
 
降りるとき:乗るときとは反対にまず足を揃えて出し、袖は片手でまとめて持ち屈みながら降りる。
 

手をあげるとき

(手を振る、傘をさす、電車のつり革につかまる など)
ふだん洋服を着ているときのように手を上げてしまうと、えり合わせが崩れてしまう原因になるので、手をあげるときは袖口をおさえて、肩より上には腕を上げない。
 

手前にあるものを取るとき

手前にあるものを取るときなど、腕を上下左右に振りすぎてしまうとえり合わせが着崩れてしまうので、袖口をおさえ、腕を伸ばす。

2、絶対にやってはいけないこと

走る(大股で歩く)

時間に余裕を持って行動しましょう。
 

手(腕)を大きく振る

手の動きを小さくして、しなやかに。
 

イスなどの背もたれ、壁にもたれ掛かる

背筋を伸ばしてチョコっと座ると綺麗に見えます。
 

和装バッグ以外の手持ちのバッグ、カバンなどを肩にかけて持ち歩く

和装バッグ以外のバッグやカバンの取り扱いには、特にご注意ください。
大きな荷物はキャリーケースがオススメです。 
 

首だけで振り返る、横を向く

上半身全体を相手に向けてお話しすると凛と見えます。

3、これって着崩れ?着崩れじゃない?

着付けは立ったままの状態で行います。
肌襦袢を着た状態で、タオルやガーゼ等で身体の凹凸が出ないように補正をし、最初はシワのない綺麗な状態で着付けたとしても、動いてしまえばシワにもなりますし紐も多少ゆるんでしまいます。
 
あからさまに裾を引きずっていたり、鎖骨が見えてしまう程えり合わせが開いてしまっていたり、帯締めがほどけてしまっている等でなければ完全なる着崩れとは言いません。
 

*これは着崩れではありません

1、裾が地面スレスレに落ちてきて、引きずりそうになってしまった。
2、帯が下がってきた
3、帯が曲がってしまった(傾いてしまった)
4、衽(おくみ)線が曲がった、ずれてしまった
5、えり合わせが詰まってしまった、又は開きすぎてしまった

上記の例は、歩いたり動いたりしたとき日常的に起こる現象で、着崩れとは言いません。
ご自分で手直しをすれば元の状態に戻すことができます。

4、着崩れたときの手直し方法

えり合わせが崩れたとき

鏡の前に立ち、長襦袢のえりを引っ張り着物のえりとバランスよく整える。
(着物のえりから1.5~2センチ程度長襦袢のえりが見えるのがベスト)
 

裾合わせが崩れてきたとき

着物の裾合わせの使った腰紐の下に手を入れ、裾の下前、上前を持ち上げて整える。
 

おはしょりがめくれ上がってしまったとき

イスに座った後など、おはしょりが上にめくれ上がってしまうことがあるので、両手で撫で付けるようにして元に戻す。
(引っ張らない)
 

お太鼓帯が崩れそうになったとき

万が一背もたれなどにもたれかかってしまい、お太鼓部分が潰れてしまったときなどは、鏡の前に横を向いて立ち、お太鼓部分の上3分の1の所に手を入れ、ボリュームを出す。
また、イスに座った後などにお太鼓のたれの部分がめくれ上がってしまったときは、おはしょりと同様に両手で撫で付けるようにして元に戻す。 

留袖、訪問着、振袖等の着物はもちろん、浴衣(ゆかた)も同じです。
浴衣は手軽に着ることができ動きやすいですが、浴衣も着物の一種です。
走ったり、カバンを肩にかけたりしたら着崩れの原因になりますので、お気をつけください。
 
大切な晴れの日を台無しにしないためにも、普段から着物を着慣れていない方は、特に立ち振る舞いや所作にご注意下さい。 

着物の着付け

お宮参り、七五三、成人式、入学式、卒業式、結婚式の、パーティー、お出かけなど
お着物の着付けのご予約を承っております。

代々木八幡・着付け・美容院

渋谷区富ヶ谷、代々木八幡駅、代々木上原駅周辺で着付けのできる美容院をお探しの方は、ぜひ美容室スプラッシュへお問い合わせください。
 
代々木八幡宮、明治神宮、ラファエル、白寿ホールの近隣で、いつも沢山のお客様にご利用いただいております。

着物の着付けは完全予約制にて承っております。
詳しくは着物の着付け専用ページでご確認ください。

 
着物の着付け詳細ページへ着物の着付け詳細ページへ

前撮り・ロケーションフォトのセットプラン

前撮り・ロケーションフォトのセットプランがございます

人生の節目を写真に残しませんか?

お宮参り、七五三、成人式の前撮り、卒業袴の前撮り、マタニティーフォト、ファミリーフォト、終活・御遺影写真など、女性プロカメラマンによるロケーション撮影を承っております。

 
美容室スプラッシュでヘアメイクやお着物の着付けでお支度して、代々木八幡宮、代々木公園などで女性カメラマンによるロケーションフォトはいかがでしょうか。
 

前撮り・ロケーションフォト専用ページにてご確認ください。

早朝予約も受付中

美容室スプラッシュでは早朝のご予約も受け付けております
お支度の仕上がり時間のスケジュールに合わせてご利用くださいませ

早朝予約の詳細をQ&A形式でまとめた専用ページにてご確認ください。

 
ご来店時間が、通常営業開始の10時を基準に早朝料金を加算して申し受けます。 

ご予約と営業のご案内

定休日:火曜日・水曜日
営業時間:10:00~20:00 (月曜日 [祝日は除く] は10:00~18:00)
ご予約専用TEL: 03-3467-0141
(ご予約電話受付時間 9:30〜20:00)
 
営業日カレンダー
 
アクセスマップ

 
 
ウェブ予約はこちらからウェブ予約はこちらから
 
ウェブ会員登録はこちらからウェブ会員登録はこちらから